Surfing Schoolについて

Pocket

まずサーフィンを体験するにあたってサーフボードの説明をします。

サーフボードは、大きく分けてショートボード・ファンボード・ロングボードがあります。

基本的に体験スクールにはロングボードを使用します。

※ 小さいお子さんや女性の方はファンボードを使う事もあります。

こんな感じの長さのボードになります

その理由は上の写真の様な小さい波でも乗れる為に、浮力の大きなロングボードを使います。

いきなりショートボードを使用しても体験サーフィンではテイクオフ(ボードの上に立つ)ことすらままなりません!

体験サーフィンや上達コースではロングボード又はファンボードを使用します。

ショートボードはいつ練習できるのか!?

そんな疑問を持たれる方が多いので、お答えします。

簡単な順番で説明すると、インサイド(ビーチより)でスープ(白波)からテイクオフが出来るようになったら、ロングボードやファンボードで沖に出る練習をします。

沖に出れるようになったら、ウネリからのテイクオフを練習します。

ロングやファンでウネリからテイクオフが出来るようになったら、ショートボードに挑戦してもらえらば良いタイミングだと思います。

ショートボーダーでロングに乗れない人も多くいますが、インストラクターを長年やっていて、考えついたのが、このタイミングです。

まずは、ロングボードで体験をしてみましょう!

コースは3つに分かれています。

  • 申し込み” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>基礎コース (まだ沖へ行けない初心者の方)
  • info@surfers-support.com

    現在、GWのご予約は可能です。

    それではご予約をお待ちしております。

©  surfers-support All Rights Reserved.
PAGE TOP
Top